eraliy bloggg!

イラストレーター、eraliy(えらりぃ)のブログです
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ペインターブラシのサイズ変更 | TOP | キャラフレお仕事 >>
2011.07.12 Tuesday

24 -TWENTY FOUR- シーズン8 全話視聴感想とか

大好きな大好きな24、ついに全話見てしまいました。
映画でもまた会えるけど…もう24時間付き合ってくれるジャックはいないのね。

シーズン8感想を、ストーリーまとめてくださったサイトなど見ながら
つらつら書きます(超ネタバレです)

CTUのヘイスティングさん、かつてのCTUビル・ブキャナンみたいに
後からジャック組と仕事するかと思っていたら
辞めたきり出て来なかった…始めクロエとケンカしてた部分では
好きになれなかったけど、後の彼の率直な感じや柔軟な感じに
後半好感持てたので、再登場が無かったこと残念。

ファラド・ハッサンは、私的にシーズン8で一番のイケメンw
まぁしかし初見からコイツ黒い(腹が)と思って見てました。
最期はCTUに情報提供もして助け求めたけどね。

メレディス・リード記者は八代亜紀だと思って見てました。
が、真矢みきと仰る方もいるらしい…なるほど。

今回面白かったキャラは初登場スパイのデイナ。
ニーナといい後から変貌する頭いい女性を見るのが好きだ。
デイナの演技楽しかっただろうな〜いいな〜。
変貌と言えば、テイラー大統領。
まさかの、まさかの展開。
正義が服着て歩いているタイプの彼女が、まさかの行動。
彼女も演技が楽しかっただろうな〜いいな〜。
和平の為に、ウソなど重ねた彼女。
私は個人的に、ついても良いウソは存在していると思う。
なので、一番最初に彼女が和平調停を優先した時
(CTUに出向いた時あたり…でしたっけ)
私は正義に固執するジャックよりもテイラーさんのやり方の
方が好ましく思ってました。
でも…テイラーさんはどんどん手を汚していくハメになり
その様子を見てると、なるほどジャックの方が正しいのかも…
と、気持ちが変わって行きました。
しかし、私個人としては、ジャックのやり方が良いようにも
思えない。彼は殺しすぎるから。
結局またラストでは、ジャックはロシアやアメリカの人達から
命を追われる事になって、これでは復讐の繰り返し…
戦争と同じ図式のように思えます。

とはいえジャックの行動是か非かを論じると
24ドラマの良さが色あせてしまうので気にしないことに。
だってリアルじゃなくてドラマだし。

ジャックは、腹をナイフでさされたり拷問で傷をひどく
されたり、ついにはクロエから銃で撃たれたり
なんかすごいことになっているのに痛い顔ほとんどせず
今回も24時間もずっと闘ってましたね。
ラスト、生き延びてくれて良かったです。

あとハッサン大統領も良かった!
彼が死んでしまった時は、本当に悲しかったです。
その場でサミール(悪党)が発見されてCTU側が捉えたのは…
ハッサンと乱闘になったということなのかしら??
今回のナゾの一つ。
サミール逃げればいいのに。
ハッサン大統領夫人のダリアさんも良いキャラでした。
びじ〜ん♪

コールが犯した殺人と遺体遺棄、不問になったというより
忘れられた感が。そしてコールはシラを切るのか?
デイナが本当にコールを好きになったこと、
スパイを辞めたいと思っていたこと、このエピソードが
結構好きでした。デイナ…。

燃料棒のエピソード、ジョセフがなぜクロスを現場に残して
親父セルゲイに分かるようにしたのか謎。
あと投薬などで放射能中毒(って言葉があるんだ…)を治せるという
のはリアルに勉強になりました。

すみませんルネはあまり好きでなくて。
軽く嫉妬してるだけw
今回のルネは辛い役所でした。

全体通して印象に残ったのは、クロエの昇進!と
ハッサンの死です。あとキム、善良なキャラになってw

コメント

コメントする