eraliy bloggg!

イラストレーター、eraliy(えらりぃ)のブログです
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< タピオカは緑色だった | TOP | 茹でてもグリ〜ン >>
2005.05.04 Wednesday

人間観察レポ

大したことではないのだろうが、私的に目新しい事だったので…

お昼を食べに、お店へ行った。
その小さなお店は時々行列が出来る。
今日はとっても混んでいた。

料理を運び中のオーナーさんが、行列にあせったのか
ぶつかったり転んだりして、二回も料理を床に
こぼしてしまっていた。
イギリスを意識したメニューだけどこのランチプレートには
おみそ汁が付いてくる。
そのみそスープが、素敵なジャガード織りの長ソファーのすそに
こぼれ、床にはとうふとねぎが散っていた。
このソファーはウェイティング客用のものだった。

私はちょうどソファー横のテーブルに着いていた。
その為何組かのお客さんの反応を見ることが出来た。
みそ汁がこぼれていることに、すぐ気がついた人は
半分くらい。「いやぁ何?」と声を出すパターンが殆ど。
そういう人たちはソファーの片方半分は無事な状態であるにも
かかわらず、座らなかった。
残り半分くらいの人はまったく気がつかずソファーへ座る。
でも「こちらのお席へドウゾ」と案内され立ち上がる時に
大抵の人は気づいた様子だった。
気がつかなかった人達は皆「ああ、何か落ちている…」と
内心思った程度で、それを口にする事でもないようだった。

私だったらどうだろう。
あまりに分かりやすくスゴイ状態であれば、連れに小声で
「スゴいね」と話すだろう。
連れが気がつかないような微妙な状態であれば、第一発見者は
私だろうから、思いがけない状況にただビックリしてしまう
だろう。なるべく大声を出さないよう…と心がけてはいるが
大抵失敗する。わっとか、あっとか、イヤ!とか言っちゃうかも。
それでも連れに抵抗感なければ一緒に座る事だろう。
そして一人でまたは連れと、何が起きたのか想像して楽しむ
だろう。勿論、ケースによっては想像したくない事もある。
でも今回だったら、そうするだろう。
私だったら、誰かがそばに居てこの事に気がついたら
触れずにいる事が出来ないだろうな。

コメント

コメントする









この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。

トラックバック